ABOUT
Betty Smithのこだわり

1970年、
国内初のレディースジーンズブランドとして誕生

世界でただ一つあなただけのファッション登場 Betty Smith

 終戦後、日本に駐屯していたG.I(米兵)が履き古したジーンズが爆発的人気に。そこに目をつけた先代たちが、ブルージーンズの縫製を始め、国産ジーンズの歴史がスタートしました。

 当時メンズしか売られていなかった市場において、当社は1970年にレディーズに特化したブランド「Betty Smith」を立ち上げ。以来、“女性のためのジーンズ”を追求し、穿きやすく、飽きのこないデザインにこだわったジーンズを提案し続けています。

Betty Smithのこだわり

 素材の企画・提案から、パターン、裁断、縫製にいたるまで、大量生産ではない人の手の技術が感じられる、こだわりのものづくりがベティスミスの信条。

 日本最古のジーンズ縫製工場である児島の本社工場のほか、国内に2ヶ所、中国に1ヶ所の自社工場で製品を生産しています。

 50年近くにわたるジーンズ製造の技術を活かし、経験豊かな職人たちが一本一本を丁寧に仕上げ、お客様が求めるものづくりを提案、表現しています。

国内で初めて
「カーブベルト」を採用

 ベティスミスでは、1973年に国内ジーンズとしては初めて
「カーブベルト」を採用しました。

 ウエストラインに合わせ、カーブを描いた形にすることで、
屈んだ時にも腰裏が浮かず、キレイなシルエットを保ちます。

Betty Smith
Movie “Jeans”